ダイエットサプリ最強ランキング!!

プチ断食ならすぐにダイエット可能?

 

断食を行って、短期間でダイエットに成功している人は多いのです。ですが、挑戦したけど我慢が途中で出来なくなって食べ物を口にしてしまうといった人もとても多いもの事実なのです。その場合、空腹の状態で食べ物がお腹に入ってしまうとそのカロリーを体ができるだけ溜め込むようにしてしまうのです。こうなってしまうと、断食の度に体重が少しずつ増加してしまうことにもなってしまうでしょう。

 

断食を数日間は出来なくても、短期間でのダイエットをどうしても実践したいと思っているならば、プチ断食はどうでしょうか。名前の通り、ちょっと断食を行うことです。具体的に言うと、何も食べない時間を増やしていくという方法なのです。

 

例えば、朝食を食べないことや、夕食を食べないといった方法です。近頃、働く人を中心に人気が出てきているのが、週末プチ断食と言われる方法なのです。

 

平日は、仕事の最中にお腹が空いては困るからと断食できない人であっても、週末の数時間のみであれば実践することが可能ではないでしょうか。半日断食という方法がおすすめです。短期間ダイエットしても向いているのです。簡単な方法で、朝食を抜くことです。これは、胃に出来るだけ物が入っていない時間を長くすることが大切なのです。

 

睡眠時間があるため、朝食を抜くことによって、前日の夕食から、次の日の昼食まで、胃に食べ物が入らない状態になるのです。たくさんの水を飲むように心かけていきましょう。ですが、朝食を食べないからと、前の日の夕食時にいつもより多くの食事をすることや、翌日の昼食や夕食を食べ過ぎないように注意して行うようにしましょう。

 

 

間食を控えるとダイエット効果がある

 

短期間でダイエットを行うためにどんなに食事制限をしても、間食を毎日行っていたら、意味があまりないのです。摂取カロリーを減らすことは、ほんの少しのご飯を減らすよりも、間食を止めることによって可能になるからです。では、間食をどうしてするのか考えてみましょう。中には、おやつが大好きという人もいますが、空腹になることによって間食してしまう方が多いみたいです。

 

こういった場合、間食は、食事内容を見直すことでやめられるのです。例えば、間食を朝10時くらいにしてしまうといった人は、朝食を食べない人や少ない人ではないでしょうか。短期間のダイエットでは、しっかりと朝食を取ることも大切なのです。

 

間食を午後3時くらいにしてしまうといった人は、バランスが悪い昼食の可能性があります。スープや野菜や炭水化物など、食事をバランスよく摂取できるように心がけていきましょう。お腹がすいていなくても間食をしてしまう人は、間食が習慣になってしまっている可能性があります。そういった場合は、徐々に間食の回数や量を減らしていくようにしましょう。少しずつ行うことで気付けば、間食しなくても済むようになります。

 

短期間でのダイエットで間食をしてはいけないと頭では分かっていても、おやつが大好きでやめることができないという人もいるでしょう。そういった人は、無理におやつをやめてしまうとそれがストレスとなって、反対に痩せにくくなってしまうのです。出来るだけ低カロリーのおやつやゼロキロカロリーのゼリーなどにおやつを置き換えて無理せず我慢しないダイエットを行っていきましょう。

 

内臓脂肪とメタボの関係とは?

 

さて、内臓脂肪とメタボは関係があるということを知っている人は多いと思うのですが、具体的にちゃんと説明しなさいと言われると困ってしまいませんか?メタボというのは、メタボリックシンドロームの略で、内臓脂肪型肥満というのが正式名称ですが、これが中高年を中心に非常に流行っているというか蔓延しているのでこのように称されるようになりました。

 

ひとつの基準としては、ウエストのサイズが男性で85cm、女性で90cm以上の場合と具体的な境界線が設けられています。どうしてウエストなのかというと、ウエストが増えるのは体格の問題もありますが、基本的には内蔵脂肪の量によって左右されるからです。

 

それで、内臓脂肪が多いと判断され、メタボだと判定されると、実際の体型と関係なく「メタボ体型」の烙印を押されてしまうのですね。実際、危険な状況を引き起こすことがあるということですので、内蔵脂肪が増えてしまうということは笑い事では済まされない面もあるのです。

 

さて、もしもメタボになってしまったら、私たちがするべきことは何を差し置いても内臓脂肪を落とすサプリメントを使ったりし、まずは内臓脂肪を減らすことです。メタボは高血圧や糖尿病、心疾患などの病気にかかる可能性が高いということであり、それは大病を患う可能性が高いということです。ですから、大きな病気を予防するためにも内臓脂肪を減らすことはその人にとって重要なことだということになります。

 

もしもメタボになってしまったなら、上記に上げたような病にかかる可能性が高くなっているというわけですが、特に危険なのが動脈硬化の症状です。動脈硬化が起こると血液中の脂肪が増えることで血液をドロドロにし、血管を狭く圧迫して、最終的には詰まらせ脳梗塞や心筋梗塞といった命に関わる病気を呼び込んでしまいます。

 

健康で楽しい人生を送る上でも、この動脈硬化をどのように予防するかという事は、一生使う体を健康に保つ上でとても大切な事です。また、この動脈硬化が手ごわいのは、動脈硬化だけが進行しても、自覚症状が全然ないことです。自分の血液の状態を敏感に感じ取ったり見てわかる人はほとんどいないと思います。

 

たとえ血液がドロドロになったり、血管が狭くなっていても、気づかれずに症状が難しい段階に入っていることがあるのです。ですから、定期的に健康診断を受診して自分の中性脂肪値や内臓脂肪値を知って、健康維持や管理に役立てる必要があります。

 

ただ間違ってはいけないのは、メタボはあくまで警告であって、それ自体が命の危険や何かの不調を伴わせる病気ではないということです。メタボだと言われてからが本格的に勝負になりますので、診断されても諦めずに、ひとつひとつ改善していくことで病気と無縁の人生にすることは十分に可能です。

 

不妊治療にかかる費用は?

 

不妊治療を受ける方は少しずつ増えていますが、病院やクリニックによって保険適用の場合と自由診療になる場合と違ってくることもあります。

 

精液検査など、初期の検査や治療は比較的保険適用になりやすく、一方で人工授精などの高度生殖医療の場合はほぼ自由診療となってしまい、高額になることが多いです。

 

自治体の中には「特定不妊治療助成制度」といった形で体外受精や顕微授精などの治療を支援してくれる地域もありますから、各自治体の窓口で問い合わせてみるのが良いでしょう。

 

気になる不妊治療の費用ですが、保険適用ができるかどうかにもよりますが、

 

●精液検査ならおよそ2,000〜10,000円

 

●人工授精で10,000円〜30,000円で、これに加えて諸々の検査費用や薬代がかかります。

 

●体外受精の場合は約300,000円〜となり、これもやはり手術費用のみで、その他の検査代や薬代は別となります。

 

●顕微授精も約400,000円以上と言われていて、受診費用や薬代は別途となります。

 

●精巣精子採取術・顕微鏡下精巣精子採取術と呼ばれる、男性の精子を直接睾丸から取り出す手術を行う場合は、150,000円〜300,000円程度が相場となります。これは採取だけで、この後に上記の受精の手術費用が別途かかる場合がほとんどです。

 

あくまで上記は目安ですが、検査から複数回の通院、そして手術にいたるまで数十万円が必要になることが少なくないですし、それでも結果が100%とはいかないのが現実です。不妊治療に対しての支援も増えてきましたが、まだまだ十分とはいえない状況だといえるでしょう。

 

こちらも合わせてどうぞ>>>男性不妊改善!おすすめサプリ完全ガイド

 

更新履歴